Entry: main  << >>
Vol. 285 腰の痛みと外反母趾 3
その後 その3 今回は外反母趾についてです。
.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*・゚

3月中旬、長年苦しんできた外反母趾の手術を考え出して、Podiatrist(足病医)に診て貰うことにしました。

私の外反母趾は若い時に一度痛みを伴って発症し、今までなんとか治まっていたのですが、ここ数年で再発。長年履いていた靴がダメになって、新しいものに変えてから再発です。

外反母趾とは足の親指が内側に曲がってしまい、親指の側面の骨が成長してしまうというもの。

私の場合は見た目はそれほど酷くないのですが、痛みが半端なかったのです。もう骨が成長する感じが痛くて普通では歩けないという感じで、親指と人差し指の間を広げるゴム状の矯正器具をいつも付けて歩かないといけない状態でした。

それでも根本の治療にはなってないので、痛んでいました。

2014年にウォーキングを頻繁にするようになってから、さらに外反母趾が進んだ感じでした。そして、無理な足の体制でウォーキングを続けた結果、足首に激痛が走り、歩くことが出来なくなりました。

ファミリドクターのところで最初Xrayを撮って、骨に異常はないことが分かり、次にMRIを撮ることになったのですが、なんと3ヶ月待ちでした!8月に予約を取ったのに実際にMRIを撮ったのは11月です。(急を要する病気だったら本当にもう死んでる。。。汗)

その結果、外反母趾のある右足の足首の靭帯損傷が見られるという結果に。でも3ヶ月もそれを知らずにいたのですから、治るも治らないもあってないもの。まして私の場合は普通は横に亀裂が入るものが、縦に入っていて、自然治癒しかありませんと言われました。。。

原因は完全に外反母趾からくる悪い歩き方の所為だと思います。(医者はそんなことははっきり言ってくれませんでしたが)

あれから2年近くが経っていますが、歩くたびにその足首がジーンとする時が今でも多々ありました。(完全に治ってないのでは?って感じでした)

そんなこともあり、この外反母趾をなんとかしたいとずっと思っていました。今回仙骨の痛みのこともあって、いっそ問題があるものは今年中に全て治療したと思ったのです。

ちなみに私の外反母趾の状態は以下の写真の通りです。



見た目はそれほどなのですが、出てる骨が歩く度に痛みを伴って辛いのです。

Podiatrist(足病医)はネットでサーチして知名度がある先生を選びました。一人患者がキャンセルとのことで、幸い電話をした次の日に予約が取れました。初診のコンサルティングです。

実際に行ってみると、写真の若々しい先生ではなく、おじいちゃんでした。まして、私を違う患者と間違えていたようで、今日手術をする患者だと思っていたのもちょっと心配になりました。

その場でXrayを撮ってもらい、症状を診てもらうのですが、その時に腰の痛みと関連があるのかも先生に聞いたのですが、先生曰く「腰との関連性は分かりませんが、外反母趾の初期になっているので、方法は二つあります。一つは足専用のカスタムメイドの中敷きを作るか、手術です」と。すごく機械的で商売しか考えてない感じでした。歩き方のアドバイスとかもっと何か言って下さるかと思っていたので、正直ガッカリしました。

中敷きは550ドル。手術なら6000ドルと言われました。

あまりの高さにビックリして、取りあえず考えますと言って、帰ってきました。
まして初診のコンサルティング代だって300ドルしたのです。国民保険は16ドルしかカバーしてくれない。

その行き帰りでも、腰の仙骨に4回も激痛が走って、良く家に帰ってこれたなと思ったほど。

外反母趾の手術はしないことにしました。実際は、予約を取ってしまったので仕方なく腰との関連も医者なら言ってくれるかもとそれが目的なだけで、行く前から手術はもうしないと決めていたコンサルティングだったからです。

というのが、実はこの予約を取った晩に、ネットで「外反母趾 手術」でググってみたら、すごいページを発見したからです。

それはまた続きで説明したいと思います。


| Hikaru☆ | 02:08 | comments(0) | - | |

Comment








Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

お天気情報

Profile

Entry

twitter

Search

Comment

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

  • qrcode