Entry: main  << >>
Vol. 8 イチゴを買うならこのブランド★彡
 
家の近くのLoblaws(カナダの有名スーパー)に行くと必ずチェックするのがフルーツコーナー。

いつみても楽しい、色とりどりの果物達がならんでいます。
といっても、私は面倒臭がり屋なので、
フルーツって結構皮を向いたり、ヘタを取ったり、洗ったりしますよね。
それ自体が面倒なので、いつも買うのは「バナナ」が多かったんです。

あっ、でも付け加えておくと、リンゴって皮を日本人は剥くのが普通ですが、
こっちの人は、それを見たら大変驚きます。
そして、なんて綺麗に皮を剥いているの!って感心する人もいるぐらい。
こちらの人は、皮に栄養があるし、もったいないってということで、
果物って食べられる皮はなんでもそのままガブリと豪快に食べています。

そんな面倒臭がり屋の私だったのですが、
こちらは種類も豊富で、日本では高価なフルーツもお手頃というのもあって、
色々食べています。ブルーベリーもシーズンになると安いんですよね。

特にイチゴは好きなフルーツの一つ。
でもイチゴって結構当たり外れがあって、
以前、オンタリオ州で取れる
バスケットに入った真っ赤なイチゴを買ったのですが、
すっぱくて、砂糖か、練乳をかけないと
食べれなかったのはビックリしました。

それを友達に話したら、
こっちの人はイチゴをジャムにしたり、
ミルクやアイスクリーム、練乳をかけたりして
食べるので、結構オンタリオのイチゴって酸っぱいよって
言われたんです。
(まあ当たり外れがあるので、すっごく甘い時もあるとは思いますが)

それから、私はなんとかそのままでも美味しく食べられるイチゴを〜
と、色々試した結果、ほぼ買ってハズレがないブランドに
辿り着きました。

いちごそれが左の写真の「Well・Pict」ってブランドです。
私はもうここ5年ぐらいイチゴを買う時はずっとこのブランドを買っています。
プロダクトはアメリカのカリフォルニアなんですが、
いつ買っても、甘いんですよね。
シーズンが早い時期の大きな少しまだ赤みが少ないものや、
少し古くなっているものは、少し酸っぱかったり、
甘さが足りなかったりするのですが、ほぼハズレがないです。
なので、新鮮なこのブランドのイチゴが出ている時は
買っています。

お値段もシーズン中は安ければ1 Poundのパック(写真)が
2.99ドル(300円弱)から高くても4.99ドル(500円弱)で
売っています。

今日スーパーに行って来ましたが、3.99ドルで出ていて、
新鮮だったので買ってきました。甘いですよ。

数年前に駐在員のお友達が「オンタリオのイチゴって
酸っぱくない?だから、私イチゴって買わないのよね」って
言っていて、「このブランドは間違いないよ」って
教えてあげたら、大変喜ばれ、彼女はその後、
他のお友達にも教えてあげたら、好評だったと言っていました。

ジャムにしたり、シュガー系と一緒に食べる時は
地元のファームのイチゴで十分というか、
やはり地元のファームの農作物が健康にもいいかなと思うので、
出来るだけオンタリオの作物を買う事にしているのですが、
イチゴに関しては素で食べるならこちらがお薦めです。
みなさんももし見かけたら一度試してみてください♪
| Hikaru☆ | 10:53 | comments(0) | - | |

Comment








Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

お天気情報

Profile

Entry

twitter

Search

Comment

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

  • qrcode