Vol. 282 アンソンバーグのチョコレートボンボン
チョコレートボンボンと言えばここでしょハート
続きを読む >>
| Hikaru☆ | 11:56 | comments(0) | - | |
Vol. 279 紅茶キノコ☆
知り合いの方から紅茶キノコを家で作ってコンブチャを飲んでると偶然聞いて!きのこ
続きを読む >>
| Hikaru☆ | 08:04 | comments(0) | - | |
Vol. 275 今日のこんぶちゃ
日本でも流行っている「コンブチャ」
トロントでも健康食品を売ってるお店には必ず置いてあるって感じ。

続きを読む >>
| Hikaru☆ | 12:10 | comments(0) | - | |
Vol. 273 スーパーフード&大人気カップケーキ
久しぶりすぎるブログ更新♪

HPのお薦めショップも近々更新するかもです。

大変スローですが、今年もどうぞよろしくお願いします。←今頃www

って、今ブログ久々に見たら、お気に入りブログが全部消えてる。。。
また時間が出来たら整理してアップし直します。>.<

今日はちょっと興味あるフードについて、自分で調べてみたので
それをアップしようかと思いますぺこ

続きを読む >>
| Hikaru☆ | 12:28 | comments(0) | - | |
Vol. 11 カナダでもメラニンスポンジ!
 
メラスポダイソーみなさんは左の写真のスポンジを使ったことがありますか。

このスポンジはドイツが開発した「メラニンフォーム」という材質から出来ている
洗剤を使わず水だけで茶渋とかステンレスなどが
キレイにピカピカになる研摩スポンジなんです。

左の写真のものは日本でダイソーの100円ショップが販売しているもので、
私が愛用しているもの。(*^^*)
このメラニンスポンジを使い出したのは、
5年ぐらい前に友達から日本のお土産として頂いたのが最初です。
友達は「これすごい画期的なのよ!水だけでなんても落ちるし、
ほんとに綺麗になるの!」って言って、私にくれたんです。
それで、ええ〜そんな水だけでホントに落ちるの????と、
半信半疑で使ってみたら、まあ、なんと!
ほんとにミラクルのように、軽くこすっただけで、食器の黄ばみ、
キッチンの水回りのステンレス、壁の汚れなどなど、
恐いくらい落ちたのです。



これは一度使い出すと止められない、
そして掃除好きになること間違いない!ってぐらい、
磨くのが楽しくなっちゃうんですよ。

洗剤は使用しなくていいので、自然にやさしいし、
肌にもやさしく、消しゴムのように、ボロボロ落ちて、
最後は小さくなってなくなってしまいます。

では、その効果を写真ですが、ちょっとだけお見せしますね。

メラスポ実験












上左端の1のお写真が、磨く前のドアノブの手あか。
真ん中の2のお写真は、そのスポンジに水を湿らせて、拭き拭き。
たった3秒で3のお写真のように真っ白に。

って、わたしゃぁ〜志垣太郎かい?笑

普通クレンザーなどを使って強く擦らないと取れないものが、
あっという間にす〜〜〜っと磨かれてしまうのです。
特に食器の黄ばみなんてすごいですよ。すぐ落ちちゃうの。
急須の茶渋なんかもほんとに取れなかったのですが、
これを使うと簡単に落とせてしまう。
キッチンやバスの水回りも簡単にピッカピカ。

私は日本に帰るたび、大量に100円ショップで購入してきていたのですが、
数年前から、カナダでも全く一緒の製品が登場しているので、
こちらでも購入が可能になっています。

掃除用製品を扱う会社「Home Made Simple社」の
「Mr. Clean」シリーズから、
「Magic Eraser」というのが出ていて、
それが、このメラニンスポンジです。

Mr. Clean左写真の左側が「Magic Eraser」で右が「Magic Eraser DUO」
違いは右の方が水で磨いた後、あの青い面で拭き取るという
吸収力に優れた別のスポンジが付いています。

お値段は5ドル(500円弱)程だったと思います。

説明書を読むと日本のものと全く一緒で、
使用に適したものは、
ガラス、鏡、陶磁器、鍋、ステンレス、
光沢の気にならないプラスチック面など。
適さないのは光沢のあるプラスチック面(擦るので、
やはり傷が発生しては困る物にはダメ)、
車の外装面、木製家具、吸水性のある陶磁器、
美術品、貴金属など。
ハサミで好きな大きさ、形にも切れるので便利です。

私はまだまだ日本から買って来ていたメラスポがあるので、
カナダの製品は使ったことがないですが、
使った友達曰く、「カナダの方がもっと強力かも」と
言っていました。

どうぞお試しあれ!



| Hikaru☆ | 08:44 | comments(0) | - | |
Vol. 10 北米中が今注目!究極のダイエットサプリ
 
フーディア去年の11月にCBSの人気報道特集番組「60 Minutes」にて
放送されたダイエットサプリ「フーディア」についての特集は北米で大きな反響をもたらしました。
その後、トロントでもそのサプリがニュースで取り上げられ、話題になっています。






続きを読む >>
| Hikaru☆ | 18:10 | comments(0) | - | |
Vol. 8 イチゴを買うならこのブランド★彡
 
家の近くのLoblaws(カナダの有名スーパー)に行くと必ずチェックするのがフルーツコーナー。

いつみても楽しい、色とりどりの果物達がならんでいます。
といっても、私は面倒臭がり屋なので、
フルーツって結構皮を向いたり、ヘタを取ったり、洗ったりしますよね。
それ自体が面倒なので、いつも買うのは「バナナ」が多かったんです。

あっ、でも付け加えておくと、リンゴって皮を日本人は剥くのが普通ですが、
こっちの人は、それを見たら大変驚きます。
そして、なんて綺麗に皮を剥いているの!って感心する人もいるぐらい。
こちらの人は、皮に栄養があるし、もったいないってということで、
果物って食べられる皮はなんでもそのままガブリと豪快に食べています。

そんな面倒臭がり屋の私だったのですが、
こちらは種類も豊富で、日本では高価なフルーツもお手頃というのもあって、
色々食べています。ブルーベリーもシーズンになると安いんですよね。

特にイチゴは好きなフルーツの一つ。
でもイチゴって結構当たり外れがあって、
以前、オンタリオ州で取れる
バスケットに入った真っ赤なイチゴを買ったのですが、
すっぱくて、砂糖か、練乳をかけないと
食べれなかったのはビックリしました。

それを友達に話したら、
こっちの人はイチゴをジャムにしたり、
ミルクやアイスクリーム、練乳をかけたりして
食べるので、結構オンタリオのイチゴって酸っぱいよって
言われたんです。
(まあ当たり外れがあるので、すっごく甘い時もあるとは思いますが)

それから、私はなんとかそのままでも美味しく食べられるイチゴを〜
と、色々試した結果、ほぼ買ってハズレがないブランドに
辿り着きました。

いちごそれが左の写真の「Well・Pict」ってブランドです。
私はもうここ5年ぐらいイチゴを買う時はずっとこのブランドを買っています。
プロダクトはアメリカのカリフォルニアなんですが、
いつ買っても、甘いんですよね。
シーズンが早い時期の大きな少しまだ赤みが少ないものや、
少し古くなっているものは、少し酸っぱかったり、
甘さが足りなかったりするのですが、ほぼハズレがないです。
なので、新鮮なこのブランドのイチゴが出ている時は
買っています。

お値段もシーズン中は安ければ1 Poundのパック(写真)が
2.99ドル(300円弱)から高くても4.99ドル(500円弱)で
売っています。

今日スーパーに行って来ましたが、3.99ドルで出ていて、
新鮮だったので買ってきました。甘いですよ。

数年前に駐在員のお友達が「オンタリオのイチゴって
酸っぱくない?だから、私イチゴって買わないのよね」って
言っていて、「このブランドは間違いないよ」って
教えてあげたら、大変喜ばれ、彼女はその後、
他のお友達にも教えてあげたら、好評だったと言っていました。

ジャムにしたり、シュガー系と一緒に食べる時は
地元のファームのイチゴで十分というか、
やはり地元のファームの農作物が健康にもいいかなと思うので、
出来るだけオンタリオの作物を買う事にしているのですが、
イチゴに関しては素で食べるならこちらがお薦めです。
みなさんももし見かけたら一度試してみてください♪
| Hikaru☆ | 10:53 | comments(0) | - | |

Page: 1/1   

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

お天気情報

Profile

Entry

twitter

Search

Comment

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

  • qrcode